読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUIらしく生きる(*˙ᵕ˙ *)

人生はDisney sea♪

可愛くなれたら自信が持てると思ってたけど、ほんとは自分で自分を認めれたなかったのだ

許可を出す

中学生あたりから
可愛くなりたいなー


可愛くなったら
自信つくのにー

とか思って
アイプチしてみたり
化粧をしたみたり♡


としだした。


化粧という仮面をつけることで
人前に出る勇気がもてた。
いつまでたってもスッピンに自信がもてなかった。

 

 

 


テレビを見ると
「このこブサイクなのになんで可愛いって言われるかわからん」
「このひと可愛い♡」

って外見を見るくせがついてたなぁー。

 

 

でもね、自信ないわーと思ってたけど
振り返ってみると…

 

化粧に目覚める前に
初めて彼氏が出来たんだ\(  *´ω`*  )/

スッピンが嫌いな自分が
そのスッピンのままの私が好きと言ってくれる人が現れた。


今だから、わかることなんだけどね(笑)
化粧濃いくしなくても
よかったやんっては思う。


でもそう思うのは
化粧を濃いくした経験があるから
そう思えるのだ( ´ ꒳ ` )ノ


だから、過去の自分を否定はしない。
ギャルメイクに見えてたであろう
あの時期も自分だから😄

 

最近はココロのことを
掘り下げることが増えたから
結局は「外見」がよくないから
私は〇〇なんだ~
ってのはダミーだったんだなー

と気づいた(・ω・`*)ネー

 

今までお付き合いした彼氏に
スッピンが嫌だから別れると言われたことは一度もないし、むしろスッピンが好きと言ってくれた人もいたし、、、


その、好きでいてくれる人にフォーカスしてなかったんだなぁと思う。


自分の内面的な自信のなさを
スッピンが嫌いということにしてᔪ(°ᐤ°)ᔭᐤᑋᑊ̣

 

今はね~まだスッピンを見せるの抵抗あるけど、昔ほどは抵抗が弱くなったかなぁ\(  *´ω`*  )/

 

きっと、自分のことを肯定できることが増えてきたからなのかもしれない♡

 

ありがとう、自分\(  *´ω`*  )/
自分の顔が嫌いだなんて言ってごめんね(´;ω;`)
大好きだよ♡

 

この話をお母さんに出来たんだ。

(話しながら泣きそうだったのは内緒)


学生の頃、スッピンが嫌い嫌い言ってたから。
きっと当時の親は悲しんだかもしれない…とふと思ってさ。

 

 

 

 

思い返せば
「そのままで可愛いやないの」
って親はずっと言ってくれてたの。

 


受け止めきれてなかったのは
私だっただけ。

 

 


外見コンプレックスを持ってる人は
たくさんおるとおもう。

 

 


でもね、そのままのあなたが好きなのよ♡
嫌いにならないから\(  *´ω`*  )/
だいじょぶ♡